疲れ目を防いで老眼予防



老眼の初期症状を自覚したら、老眼が進行しないように老眼予防をすることが大切です。

老眼予防の一つとして目に負担をかけないことに気を配りましょう。

目が疲れたと思ったら、目を休ませてやる。

目を使う作業を続けて行う場合には、1時間につき10分~15分程度の休憩を取り、目を休める時間をとる。

市販の目薬をうまく活用して、目をリフレッシュさせてあげる。

以上のような簡単な方法も、老眼予防になります。

市販の目薬は、目の調節機能の衰えを改善したり、目の血行を促す成分である、ビタミンB12やビタミンE、メチル硫酸ネオスチグミンが配合されたものを選ぶと良いです。

日頃の小さな心がけで、老眼の進行をゆるめることができますので、目の疲れに気をつけていくとよいでしょう。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/12">疲れ目を防いで老眼予防</a>
PAGE TOP ↑