老眼予防:ブルーベリーとコラーゲンの関係



コラーゲンは、人体にあるタンパク質の三分の一を占めており、人体の細胞構造を作っている重要なタンパク質です。

コラーゲンは人体の全体に分布しており、目の角膜や結膜などもほとんどをコラーゲンで構成しています。

目の組織だけでなく、内臓、血液、関節、骨など、体中のあらゆるところでコラーゲンが働いています。

ブルーベリーのアントシアニン色素は、人体を形作るコラーゲンに対して様々な作用をもたらします。

コラーゲンの合成を促進、強化したり、コラーゲンを破壊する酵素を抑え、炎症を沈めたり、筋肉をリラックスさせたりします。

老眼を引き起こす目の組織の老化にも役立ちますし、疲れ目など老眼を進める原因となる目の筋肉の疲労回復にも効果があるということです。

コラーゲンを摂取するのも老眼予防の一つの手ですが、ブルーベリーを摂ることも、非常に効果的な方法です。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/39">老眼予防:ブルーベリーとコラーゲンの関係</a>
PAGE TOP ↑