子供や若い世代にも起こる老眼に似た症状



老眼というと本来は、主に40歳以上の人に起こる老化現象の一つです。

原因である水晶体のピント調整機能の衰えは、10代から始まっているのだそうですが、いくらなんでも、10代の子供に老化現象は起こるはずもないでしょう。

しかし、老眼に似た同じような症状なら、子供や若い世代の間でも起こっているという事実があるといいます。

その原因には、現代社会では当たり前のOA機器などの普及にあります。

若い世代がテレビやパソコン、携帯電話やゲーム機を長時間見続けることにより、目を酷使していることに原因があるようです。

目を酷使し続けると、毛様体筋に負担がかかり、水晶体の厚さの調節機能が衰えてしまいます。

こうして近くにあるものを見るピントがずれやすくなり、老化現象に似た症状が、若年層でも起こりやすくなってしまうのです

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/58">子供や若い世代にも起こる老眼に似た症状</a>
PAGE TOP ↑