老眼:世界中で使用されているシニアレンズ



老眼の症状が出始めたら、近場の物を見ることが不便に感じてくるものです。

これらの、不快な症状を回避したり、目に負担をかけすぎて、心身的な症状までも悪化させないためにも、めがねやコンタクトレンズで矯正していくのがよいでしょう。

シニア向けレンズの眼鏡レンズの専門メーカーである東海光学株式会社からは、様々な特色を持った、シニアレンズが発売されていて世界中で使われているといいます。

遠近両用で境目のない最近主流になっているめがねとしては、例えば「両面累進屈折力レンズ」があり、このレンズは最高級の機能を備えたシニアレンズとなっています。

「内面累進屈折力レンズ」は、累進焦点の高性能のレンズです。

「累進屈折力レンズ」には流行のスマートフレーム対応のもの、架け替えする人に向いているもの、初めて老眼用のレンズを使う人のためのかけ心地も優しいタイプ、ガラス素材を利用した超薄のタイプもあるようです。

また用途別のシニアレンズには、オフィスなど室内対応のレンズ、近用専用のタイプ、広い視野を持って新聞も見渡せるほどの、近用専用シニアレンズもあります。

中には使い方を間違えると、思わぬトラブルに見舞われることもあるようですから、使う場面を考慮して、使い分けるようにしましょう。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/64">老眼:世界中で使用されているシニアレンズ</a>
PAGE TOP ↑