老眼:中高年世代に起こりやすい「網膜静脈閉塞症」とうい病気



中高年世代には、身体の様々な機能が衰えて、様々な病気を引き起こすように、目の機能も衰えて目の病気も引き起こしてしまうことがあります。

老眼の症状をきちんと理解していな人は、見えにくい症状は老眼か?と思って放っておいたら、実は思わぬ目の病気を引き起こしているというケースもあるようです。

ものの上か下かどちらかの方向は良く見えるのに対して、もう一方の方向はかすんで見える、こんな症状に見舞われた時は「網膜静脈閉塞症」という病気を引き起こしているかもしれません。

「網膜静脈閉塞症」は、網膜の静脈が血栓で詰まってしまうという症状が原因の目の病気です。

動脈硬化と関係があるために、高血圧や糖尿を引き起こしている人の弊害として現れる場合が多い、真に中高年に多い目の病気といえます。

「網膜静脈閉塞症」の病気になると、視力の回復の見込みは少なく、治療も難しいでしょう。

片目に症状が出やすいことや、見え方の特徴を覚えておいて、単なる老眼では?と勘違いしないようにしましょう。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/78">老眼:中高年世代に起こりやすい「網膜静脈閉塞症」とうい病気</a>
PAGE TOP ↑