CK治療で期待できる老眼の回復



角膜のカーブを変える医療技術をもって、老眼の回復を実現しているのが、CKと呼ばれる医療技術です。

CKの治療では、効き目となる目とは反対側の目にだけ治療を行なうようですが、その効果は一体どのように現れるのでしょうか。

CKの治療をすると、角膜の外周の8mm程度のカーブを強くすることができます。

人は通常、近場のものをみるときには、目線を下げて見るものです。

CK治療により、よりこのカーブがつよくなた部分で物をみることが出来るので、近くのものが見えやすくなるのです。

こうして、老眼でぼやけていた近くのものを見る力が強くなるのです。

新聞や雑誌を読むのにも不便に思っていた不快な思いから解消されるのですから、CKという医療技術は画期的な治療といえるでしょう。

また、CK治療では角膜外周のカーブは変化しますが、中心部分にはあまり変化をもたらさないようです。

このことで、遠くが見えやすいという力も残り、CKを行なった目には遠近両用の機能を持たせることが実現でき、これは嬉しい治療法といえそうですね。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/81">CK治療で期待できる老眼の回復</a>
PAGE TOP ↑