老眼になりかけの頃に見られる症状



老眼とは、近視や乱視、遠視という屈折異常から起こる現象ではなく、老化現象の一つですから、どんな人にも、遅かれ速かれ必ず起こる現象だといいます。

老眼になりかけの頃にはどんな症状が現れるのでしょうが。

・一日の中では、夕方から字が見えにくくなる

・新聞、雑誌、本などを読むときに、手元からは離して見ないと、見えにくい

・大きい字なら、すんなり読めるのに、手元の細かい字が読みにくくなる。

・文字自体はぼやけて見えるわけではないけれど、首筋や肩こりがしたり、目が疲れたりする

・近場の作業をした後、遠くの方を見た瞬間に、ぼやけて、その後陣割とはっきり見えるようになる

これらの症状は、特に老眼になりかけの、初期段階に起こりやすい症状だといいますから、これらのサインが出れば、老眼を疑ったほうが良いかもしれません。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/84">老眼になりかけの頃に見られる症状</a>
PAGE TOP ↑