老化現象の一つ老眼と活性酸素



近場のものが見えにくいという症状が現れる老眼の現象は、誰でも起こりうる老化現象の一種です。

そして、身体の老化にまつわる様々な疾患の原因と見られているのが「活性酸素」の存在です。

通常なら、私たちが生き続ける限りは、酸素は必要な物質でありますが、その酸素が活性酸素へと変化することが厄介なのです。

活性酸素が体内で、病原体をやっつける役割を果たすうちは良いのですが、過剰に発生してしまうと、細胞や組織までに害を及ぼし、老化を促進し疾病をも引き起こす原因となりかねません。

過剰に発生した活性酸素は、もちろん目にとっても、厄介な物質となります。

そんな時に活性酸素を消去する役割を担うのが「抗酸化酵素」という物質です。

抗酸化酵素は、従来人に体内に備わっているものですが、40歳くらいの中高年の世代に入ると、老化により生成機能を低下させてしまうのです。

活性酸素が老化現象を促進させてしまうことは、老眼の症状も早めてしまう懸念もありますから、活性酸素をつくらないように心がけいくことが大切でしょう。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/88">老化現象の一つ老眼と活性酸素</a>
PAGE TOP ↑