老眼用のめがねをかける目安



老眼用めがねは、何歳になったから必要であるとか、決められているわけではありません。

その人の日々の生活や仕事に支障があった時点で、利用すればよいといいます。

しかし、最近新聞や雑誌の細かい文字が読みにくくなったな・・と実感していても、老眼用のめがねを使うのには抵抗があったり、どの時点で老眼用のめがねをかければよいのかと迷う人もいるでしょう。

そんな人の為に、簡単なチェックの方法があるといいます。

裸眼または、めがねやコンタクトをしておいて、遠くが見える状態にしておき、片目を閉じます。

そして、もう一方の目で、自分の指先の指紋を目の方向に近つけます。

子供の頃には、8センチ近くまで見えていた指紋も40歳になると25センチ、50歳頃には1メートル、60歳以上になるともはやかすかにしか見えなくなるのだそうです。

こうして計測してみて、指紋が20センチより遠くでしか見えなくなったら、老眼のめがねをかけるのがよさそうです。

老眼のめがねをかけると、ピント調節がされることから、見えにくかったった指先の指紋ももっと近くで見えることができるようになるのです。

このようにして、老眼用のめがねをかける目安と考えることもできます。

シェアよろしくお願いします!!

このページのリンク用HTMLコード
<a href="https://xn--hetv74db2cr0f.net/archives/98">老眼用のめがねをかける目安</a>
PAGE TOP ↑